クラシアンの水漏れ修理なら安くて早くて安心

クラシアンでは、水漏れトラブルの修理を幅広くご依頼いただいております。
トイレ・キッチン・お風呂・洗面所・洗濯機など、ご家庭のさまざまな場所で蛇口・配管からの水漏れトラブルが起きたときは、24時間受付365日対応のクラシアンにおまかせください。

蛇口からの水漏れトラブルが起きたら

キッチンやお風呂・洗面所の蛇口から水漏れしている状態を放置していると水道代がかさんでしまうだけでなく、湿気によりカビの発生や漏電を招いたり、周辺の建材などを劣化させたりといった二次被害を招いてしまいます。

よくある蛇口周辺の水漏れ症状としては、蛇口の先端から水滴がポタポタとしたたり落ちる、ハンドルやレバーの接続部分から水がじわじわとしみ出すということがあります。そんなときは水が少量だからと放置せず、すぐに修理を検討しましょう。修理方法は、水漏れが蛇口のどの部分で起きているか、どの部品が劣化してトラブルになっているのかによって対応が異なります。

蛇口の内部は細かいパーツが多いため、ご自身で修理しようとしても断念してお電話をいただくこともありますが、水まわりのプロであれば的確に修理することができます。どう修理すれば良いのか判断がつかない、今すぐ直したいというときは一度ご相談ください。

また、長年使用している蛇口の場合は、水漏れトラブルを機に最新の蛇口に交換してしまうのもおすすめ。生活を豊かにしてくれる機能的な蛇口や、節水や省エネ性能に優れた蛇口もございます。

クラシアンへのご依頼が多いトイレトラブル

当社にご依頼いただく水まわりのトラブルの中で、最も多い場所がトイレ。トイレでの水漏れは、手洗い栓や便器の水が止まらない、止水栓や給水管から水が漏れる、便器と床の間から水が漏れる、温水洗浄便座から水が漏れるなど、症状が多岐にわたります。

トイレタンクの中には浮き玉やゴムフロート、ボールタップ、オーバーフロー管などの部品があり、それらの一部が劣化したり連携がうまくいかなくなったりすると水漏れが起こります。また、止水栓やパイプなどからの水漏れは、ゴムパッキンの劣化やナットの緩みが原因のことが多くあります。
これらの修理自体はさほど難しくありませんが、経験がなければトラブルの原因がわからず、また、修理方法を誤ると床を水浸しにしてしまうこともありますので注意が必要です。

さらに温水洗浄便座では、水抜き栓からの水漏れやノズルから放水され続けるというトラブルが起きる場合があります。修理しようとしてむやみに分解すると火災を招く危険もありますので絶対にやめましょう。

洗濯機の水漏れは大きなトラブルになる前に修理を

蛇口は長年使っていればいつかは水漏れを起こしますが、常に水圧がかかっている洗濯機の蛇口は特に水漏れが起こりやすい場所です。さらに蛇口と洗濯機をつなぐ給水ホース、洗濯機からの排水ホース、排水ホースと排水口(防水パン)との接続箇所と、洗濯機の周辺には水漏れを起こしやすいポイントが多く存在します。

洗濯機の蛇口の水漏れは、内部のパッキンや部品が劣化している、ナットが緩んでいすケース、蛇口と配管の間に隙間ができているケースが多くあります。ホースの接合部分に隙間ができたりホース自体が劣化したりする場合や、排水溝が詰まって逆流している場合もあります。

洗濯機を回したまま外出している時に水漏れを起こすと、気づかぬうちに大きなトラブルに発展してしまうことも。もし洗濯機周辺で水漏れが起きている、不調を感じるということがあれば、クラシアンにお気軽にご相談をお寄せください。

洗濯機の蛇口がまだ緊急止水機能付の洗濯機用水栓でない場合は、水漏れ修理の際に交換の相談をしてみるのもいいかもしれません。地震などの影響でホースが外れてしまった場合に自動で水が止まるので安心です。